ツーショットダイヤルでテレフォンセックス&リアル出会い


テレクラは1980年代に見知らぬ異性とのコミュニケーションツールとして一世を風靡しました。
このころは、者に限らず年配の男性でもテレクラを利用したことがないという人はあまりいなかったといわれるほどでした。

ツーショットダイヤルって何?

テレクラはテレクラ店舗に入店してその個室でそこに備え付けてある電話に掛かってくる女性からの電話を待つというものです。
多くは女性と実際に会う約束をすることが目的でしたが、中には個室の中で相手の女性とテレフォンセックスをするケースも少なくありませんでした。

ツーショットダイヤルはこのテレクラの発展形で、自宅でテレクラのシステムが楽しめます。
わざわざテレクラ店に出掛ける必要がなく自宅で女性から掛かってくる電話を待ってデートの約束をしたりテレフォンセックスが楽しめることから、多くの男性が利用していました。

しかし、その後の法改正や携帯電話の普及、出会い系サイトの登場などにより、テレクラやツーショットダイヤルは衰退していきました。
ところが最近になって、スマホの普及でまたツーショットダイヤルブームが再燃しているといいます。

テレフォンセックスの魅力

その理由は、出会い系サイトのような面倒なメールのやり取りなしに直接女性と会話ができ、会う約束がすぐにできるといった手軽さ、手っ取り早さがウケているようです。
またメールでテレフォンセックスはできませんから、テレフォンセックスを目的としている人にとってツーショットダイヤルは不可欠な存在といえるわけです。

でも、テレフォンセックスなんて何が楽しいのかという人は少なくありません。
実際のセックスでないと満足できないという人が多数を占めるかと思いますが、テレフォンセックス愛好者に言わせると、一度テレフォンセックスを体験してしまうと普通のセックスでは満足できないという人もあるのです。

テレフォンセックスはあくまでも想像上、つまりバーチャルなセックスです。
したがって、自分の思い通りのセックスをすることが可能なのです。

憧れのアイドルやタレントを思い浮かべながらのプレイもいいでしょう。
実生活では支障があるような人妻との不倫や女子高生との関係、さらにはレイプといったプレイも問題ありません。
どんなセックスもシチュエーションも自分の思いのままなのです。

テレフォンセックスならツーショットダイヤル

ただし、テレフォンセックスのプレイは前述したようにまだまだ一般的なプレイではないので、それに応えてくれる相手を探すのが難しいのが実情です。
けれどもツーショットダイヤルならテレフォンセックスプレイを好む女性専用のコーナーなども用意されているので、そこを利用すればいいわけです。
ツーショットダイヤルは、テレフォンセックスを目的とする人たちには非常に有効なサービスといえるでしょう。

ヤリマンはツーショットダイヤルで探せ!

セフレって響き、何だかいいですよね。
セックスを愉しむだけに付き合う女性なんて男性にとっては夢のような存在ですし、セフレ女性と知り合いたいと思っている男性はたくさんいるはずです。

ヤリマンはどうやって探す?

そんなセフレ女性は間違いなくセックスが好きです。
セックスが嫌いな女性がセックスを愉しむためだけに男性と付き合うはずはありませんからね。
ですから、セフレと付き合いたいと考えるならセックス好きな女性と探すことが肝心です。

けれども、どんな女性がセックスが好きかなんてなかなかちょっと見ただけではわからないものです。
いや、実際に付き合ってみても簡単に判別することは難しいのが現実ではないでしょうか。

また、ただセックスが好きというだけではセフレ候補とはなり得ません。
セックスが好きでもその相手は自分の好きな人でないとダメという女性もたくさんいます。
セックスは好きだけれど好きでもない男性とセックスするのはちょっと…、という女の子は男性が考える以上に多いものです。

したがって、セフレに相応しいのは、いわゆる「ヤれる女」ということになります。
今流行りの「ゲス」な言い方をすれば、「ヤリマン女」がいいのです。

ヤれる女の特徴ってあるの?

昔からヤれる女の特徴というのはいろいろ取り沙汰されてきました。
まず、血液型がB型はヤリマンが多いというのは有名な話ですね。

また、目と目の間が離れている女性もヤれる女としてよく知られています。
さらに、メンヘラ系の女の子も結構簡単にエッチができるといいます。
しかしメンヘラ女子と係わりを持ってしまうと後々ヤバいことも多いようなので要注意ですが…。
ただし、これらの話しはあくまでもウワサであり必ずしも「ヤれる女」とは限りません。

こういった女性に下手に声を掛けて失敗する危険性も十分あるわけです。

けれども確かにヤリマンというのは存在しますし、それをその女の子が気付いていないことも少なくありません。
如何に男性が上手くそれを見つけて開発してあげるか、それが男性にとってもその女の子にとっても大切なことではないでしょうか。
ヤれる女性を見分けるには、やはり場数を踏んで経験値を上げるのが最も効果的でしょう。

ツーショットダイヤルを利用しよう

そのために有効なのは、ツーショットダイヤルを利用することです。
今やセックス目的の相手を探すのならツーショットダイヤルが最適であるというのは周知の事実です。
ツーショットダイヤルはさまざまな目的で利用する女性がいますが、サイトによってはセフレとの出会い専用のサイトもあります。
それなら手軽で簡単にセフレ候補を見つけることができますよ。

人妻
OL
女子大生
コギャル
萌えロリ
なりきりイメプレ
テレSEX専用
SM
のように、出会い系サイトよりも直接的な性嗜好に応じた番組が紹介されています。
今の気分はどんなプレイですか?

続きを読む

セフレを卒業して本命になる方法TOP10

一度セフレの関係になってしまったら、本命になるのはなかなか難しいです。
男性もセフレの関係が一番心地よいと感じていますし、女性も嫌われるのが怖くて、セフレをやめたいとなかなか言い出せない、というケースが多いようです。

男性に彼女がいるなら、潔く諦めるのが一番いいですが、特定の人と付き合っていない場合、セフレのままでいるのは勿体ないです。
だらだらと曖昧な関係を続けるのはやめましょう。
そこで、セフレから本命になる方法BEST10をご紹介します。

第10位 思い切って告白する

嫌われてしまうかも、としり込みせずに、思い切って告白してしまいましょう。
案外、男性の方も同じ気持ちで、タイミングがつかめないだけかもしれません。

第9位 泣き落とし

涙は女性の武器です。卑怯だと思わずに、こういう時には使いましょう。
そんなに思ってくれてるんだ…と男性の心を揺さぶるかもしれません。

第8位 徹底的に都合のいい女になる

セフレのいいところは、彼と定期的に会えることです。
関係が長く続くと、最初は遊びのつもりでも、だんだんと情が移ってきます。
情から愛情に変わるのも遠くはありません。

第7位 彼を束縛しない

本命になるには、彼が一緒にいて安らげる存在になることです。
あまり束縛が過ぎると、男性は会うのに苦痛を感じます。
好きな相手なら、束縛も愛情表現のひとつと捉えられますが、愛情のない相手からの束縛は苦痛以外の何物でもありません。
彼の情が移るまでは、逃げられないように束縛はしないようにしましょう。

第6位 彼のリクエストにできるだけ答える

男性はみんなエロいです。人に言えない性癖の一つや二つ持っています。
その性癖を満たしてあげれば、彼はあなたを手放せなくなります。
彼にとって唯一の存在になりましょう。

第5位 自分は浮気しない

浮気するような女性は本命にはなれません。本命になりたいなら、自分も浮気することはやめましょう。

第4位 彼の好みのタイプを探る

本命になるには、まず彼の好みのタイプを探ることが大切です。
元カノや好きな芸能人のことを聞いて、好みのタイプを研究しましょう。

第3位 思い切って半年は会わないようにする

男性は、いつでも会える女性を軽く考えます。関係を続けて、情が移ってきたな、というところで、思い切って会わない期間を作りましょう。
いつも会えるのに急に会えなくなると、彼の方もあなたのことが気になってきます。
その間、彼好みの女性になるように自分磨きに励みましょう。

第2位 小さなわがままを言う

すぐにセックスさせる女性は男性に軽く扱われます。
少しわがままなくらいの女性のほうが男性からはモテます。
いつも言うことを聞くあなたが小さなわがままを言えば、彼のほうもあなたが気になってきます。

第1位 他の男の影を感じさせる

男性は、すぐ手に入る女性にはあまり興味がありません。他の男性と競って手に入れた女性を大切に扱います。
実際に浮気するかどうかは別として、他の男性の存在を匂わせることで、教祖言う意識を刺激し、あなたに価値があるように思わせることができるのです。
セフレ関係になったからといって、本命になるのをあきらめることはありません。
あらゆる作戦を駆使して彼を手に入れましょう。

続きを読む

返信したくなるメールを書こう

出会い系サイトの場合、実際に会うまでは全てメールでやりとりをするので、メールを送る時には文章の細かいところに気を配る必要があると思います。
文面でいやな印象を与えると、絶対に返事がもらえないので気をつけましょう。
相手が不快な気持ちにならないようにすること…これは、出会い系のメールだけに限ったことではないですよね。
出会い系で最初にアプローチするときに送る、ファーストメールで一番嫌われるのがコピペメールと呼ばれるものです。
これは、同じ文章の1通のメールをコピーして複数の人にばらまくメールのことです。
宛先をBCCやCCにしなければバレないんじゃない?と思うのは大間違いです。
メール本文の中で相手に呼びかけるときに「あなた」と書いてあったら、これはコピペメールだな…と思われてしまうのです。
メールの文章の中に、自分の名前(ハンドルネームなどでも)が入っていたら、この人はちゃんと自分のプロフィールを読んでアプローチしてきてくれているんだな…と思うことができて、好印象を与えられます。
ただし、「たくさんのメールの中から読んでくれてありがとう」などという言葉を使うと、出会い系サイトに慣れている感じがして、マイナス印象を与えてしまいます。
また、メールが苦手だからなるべく短文にしたいからといって、「超ヒマだから連絡して」なんていうのも最悪です。
それから、楽しいメールをするというのが基本中の基本なので、毎回仕事の愚痴や相談のメールを送るのもNGです。
いつも楽しいメールをしているのに、ポロっと弱気な発言をしたり、愚痴を言うのならまだ分かりますが、それ以上の相談メールなどはちゃんと付き合ってからした方がいいですよね。
すぐに結婚の話題を出すのも嫌われます。
まだ会ってもいないのにやたらと「結婚したら…」というフレーズが出てくると、誰でもいいから結婚したいのかと思われても仕方がないですよね。
出会い系サイトでのメール交換は、仲良くなるための手段なので、自分の気持ちを押しつけるのはやめて、まずは友達になるというくらいの気持ちで相手を思いやったメールの文章を作るようにすると、メールが返信される確率が高くなると思います。

続きを読む

モテメールの書き方

プロフィールを見て、気に入った相手にアプローチする最初のメールは、当然好感が持てるようなものを送りたいですよね。
誰でもいいから、とにかく当たれとばかりに、多くの人に同じ文章で送るのは最悪です。
下手をすると迷惑メールと思われて、管理者に通報されてしまい登録を取り消されることもあります。
まずはたくさんのメールの中から選んで読んでもらうことを想定して、目を引くようなタイトルを考えましょう。
「初めまして○○です」というだけのメールでは全く目を惹かないで、下手をすると内容まで読んでもらえない可能性もあります。
タイトルをつけるコツは、何か一言、自分で考えた言葉を添えることです。
相手のプロフィールを読んで、共通の話題をタイトルにしてみます。
例えばテニスが好きな相手には「私も週2回テニスサークルに行ってます」とか、「錦織圭の試合、すごかったですね」とか、相手が興味を持ちそうなタイトルを考えましょう。
最初のメールは、人によっては毎日数百件も届くことがあるので、まずはタイトルで目に止まらないことには、どんなにいい内容のメッセージを書いたところで、本文を開いてもらえずにそのまま、その他大勢のメール達と一緒に削除されてしまいます。
挨拶にメッセージをつけてもいいし、自分の名前にメッセージをプラスするのもいいでしょう。
絵文字を入れるのもひとつの手ですが、入れ過ぎるとふざけていると思われて好感度が下がりますので気をつけましょう。
全く面識がない相手に、初めてメッセージを送るわけですから、ふざけたり、馴れ馴れし過ぎたりするのは厳禁です。
相手のプロフィールをちゃんと読んで、“あなただけに”メッセージを送っているということをアピールするために、映画が好きと書いてあった人には「○○(話題になっている映画のタイトル)もう見ましたか?」とか、カラオケが趣味という人には「私が好きな歌は○○です」といったように相手が興味を持ちそうなことをタイトルに入れましょう。
ただし、目立とうとし過ぎて「開封しないでください」とか「誰だと思います?」といったような奇抜すぎるタイトルも迷惑メールとみなされて削除されるので気をつけましょう。

続きを読む

メールからステップアップ!デートに行こう

気になる相手が見つかって、上手くメールのやり取りが続くようになったら、そろそろしたいのがデートのお誘いですよね。
ある程度、楽しいメールをやり取りしていても、いざ実際に会ってデートするとなると、誘う方も誘われる方もかなりドキドキになりますよね。
まず、デートを誘う場合は、タイミングをよく見極める必要があります。相手の方も、交際相手をみつけないのだから出会い系サイトに登録しているので、サクラでない限り、デートをするのは承知の上です。
ただ、メールのやりとりを数回しただけで「すぐ会おう!」とか「会いたくてたまらない」といった情熱的な内容のメールを送ってしまうと、相手はとても引いてしまいます。
特に、男性が女性を誘う場合に、普通の会話はほとんどしないのに会いたいとばかり言ってしまうと、完全に警戒されてその後のメールの返事が来なくなることもあるので気をつけましょう。
女性からでも男性からもデートに誘う場合は、さりげなく誘うのが一番です。
例えば、メールを交換しているうちに、相手がイタリアンが好きだとわかったら、「友達から美味しいイタリアンの店を教えてもらったんだけど、行ったことがある?」といった話から入って、「行ったことがない」と相手から返事が返ってきたら「窯焼きピザが自慢なんだって」という風に、もっと相手が興味を持つような話題に持っていって、「今度一緒に行ってみようか?」と誘ってみると、相手も警戒することはないですし、「デートをする!」と気負う事もなくごく自然に会うことができる可能性が高いです。
もし、「行ったことがある」と言われた場合でも、「何が美味しかった?」といった内容で会話を続けるうちに、自然と一緒に行こうと誘えるようになると思います。
ただし、せっかく相手が行く気になっていてもすぐに「いつにする?明日?明後日?」というように、あせってしまっては台無しです。
無理やり約束を取り付けて、デート当日にすっぽかされることになりかねないので、誘いに応じてくれそうな時も、相手の空気をよく読んで相手の気持ちを尊重しながらデートの約束をするようにしましょう。
実際に会うまでは、全てメールだけでのやり取りなので慎重に文章を作るようにしましょう。

続きを読む

ときめくメールで相手の心を掴む書き方

ファーストメールで相手に気に入ってもらえて返信がきて、お互いにメールのやりとりを始めても、急に返事が来なくなったりするということがよくあります。
私も苦労してファーストメールでアピールして、やっとのことで返信をもらったのに、その後、最初のうちは送ったらすぐに返事が返って来たのに、それが数時間後、翌日、数日後…と返事が来るまでの時間が空いて来て、とうとう返信が来なくなるという経験があります。
それが何度も続いたころ、自分のメール内容に問題があるんじゃないかと、送信済みのメールを読み返して、いろんなことに気づきました。
まず、あんまり暇だとか、つまらない毎日を送っているというようなネガティブな内容を送ると嫌われます。
メール交換の回数が多くなってくると、あんまり書くことがなくなってきて、それでも何かメールを送らないといけないというプレッシャーから、ついつい内容がないメールを送ってしまうようなことが数回続くと、たいてい返事が来なくなりますね。
それから、何か疑問文をメールに入れると返信したくなるという話を聞いて、それを心がけてみたものの、質問攻めみたいなメールになったり、聞くことがなくなって「今何してるの?」みたいにどうでもいい質問をしたりするのが続くのもNGです。
あと、出会い系サイトを使い始めたころは、自分に自信がなかったせいもあって、「こういうサイトを使うのは初めてで、メールに何を書いていいのかわかりません」みたいなことをよく書いていたんですが、これも今から思うとかなりマイナスです。
自分は出会い系サイト慣れしていないことをアピールするつもりもあったんですが、相手にとっては「だから何?」という感じですよね。
総合して考えてみると、メールの内容にマイナスイメージを抱くような言葉や内容を使わないことが一番重要な気がします。
だからといって、いつも能天気な楽天的内容ばかり書いているとバカだと思われてしまうので、そのあたりの駆け引きが難しいところですが。
結局は、自分が何をいいたいのか、メールを書く前にちゃんと考えて、送る前にしっかり読み返して、自分がそのメールを受け取る立場だったらどう思うかを冷静に判断すると返信確率が上がってくる気がします。

続きを読む

3割増しキレイに撮れるプロフ写真の摂り方

出会い系サイトに登録した場合、プロフィールに写真を載せるとメールの返信の確率がかなり上がります。
オークションやインターネットショップで買い物をする時、商品の写真がなくても買い物をしますか?
人間をお店の商品と一緒にするのは乱暴な話かもしれませんが、現実問題、写真を掲載している人とそうでない人を比べると、写真があったほうが興味が湧きませんか?
そこで基本的にプロフィールには写真を掲載することをおすすめしますが、どんな写真でもいいというわけではありません。
出会い系サイトのプロフィールですから、写真を見た人には当然いい印象を持って欲しいので、男性ならカッコいい写真、女性ならかわいい写真を掲載したくなりますが、実際に会う時になってがっかりされることがないように、あまり過剰に演出した写真を載せるのはやめましょう。
まず、写真館で撮ったような写真は、気合が入り過ぎていて相手が引いてしまう可能性が高いのでNGです。
できるだけ普段の自分を撮った写真の方が、自然な感じがして好感を持ってもらえます。
だからといって、何も考えずに携帯のカメラなどで撮った写真を使うのもNGです。
自然に見えるように“工夫して”撮った写真を掲載するのです。
携帯電話のカメラは画素数が低いと映りが悪くて、色などもきれいに出ないので以前ならデジカメで撮る方がおすすめだったのですが、スマートフォンなど新しい機種の携帯は、かなり画素数がいいので問題ないと思います。
最近では逆に、デジカメの写真を使っていると気合が入っていると思われて引かれてしまうこともあるようです。
ちなみに、携帯で撮ったかデジカメで撮ったかは、写真のサイズでわかることがあるので要注意です。
画素数がいい携帯のカメラでも、写真を撮る時には“ひと工夫”が必要です。
屋外だと光の当たり具合がうまく調整できないので、明るい室内で撮影しましょう。
ただし、蛍光灯の真下で撮ってしまうと、顔に影が出来て怖い顔に見えることがあるので気をつけます。
背景の壁と、着ている服が同色系にならないように気をつけて撮ります。
椅子などに座って、膝の上にハンカチなどの白いものを広げて撮ると、光が反射して顔の色が自然に明るくなり、肌もきれいに見えます。鏡を見て、笑顔の練習をして優しく少し微笑んだ顔を作るようにしましょう。
何枚もたくさん撮っておくと、後で写メを交換する時にも使えます。
言うまでもないと思いますが、他人の写真を載せるのは厳禁です。

続きを読む